転職エージェントは、転職者の年収の30%程度が収入となるから

転職エージェントは、転職者の年収の30%程度が収入となるから、年収が高い人は手厚くサポートしてくれるが、そうでない場合は、あまりサポートしてくれない。転職者すべてにとって、いい仕組みとは言えない。
転職者にとっては、転職は人生がかかっているので、企業の中の人と直接会ってうわべでない話を聞くのが一番良い。転職者がやりたいことや転職の目的を明確にし、新卒採用のように企業の中の人と話せる機会を設けるべきだと思う。
転職者が働きたい企業と、直接アポイントを取って面接する世界が幸せだと思う。
これからは現在のようなエージェントは不要になると思う。
私の現在の勤務先の上司は、会社の状況やポジションが変化したことで、一度見送りとなったがもう一度会いたいと言ってくれたため、(エージェント経由で)入社を決めた。
職種やポジションによっては、採用ページなどでは募集していないこともあるので、現在の仕組みで、エージェントを使うメリットはここになる。ただし企業がすべてのエージェントに出しているわけではないので、転職者側は、なるべく多くのエージェントに登録し情報を集めた方がよい。

企業文化が合わず、他の会社に移ったほうがやりたいことができると感じたため転職しました。

企業文化が合わず、他の会社に移ったほうがやりたいことができると感じたため転職しました。
前職ではトップダウンの色が強く、なかなかボトムアップの提案が上まで通らず、無駄な時間を過ごしているという気がしました。特に、前職はベンチャー企業だったため、スピード感やチャレンジが大切なのにもかかわらず、少し大企業病のような感じが出始めているのが現状でした。

転職するさいには複数の転職サイトを利用しました。役だったサイトは、口コミが見れるサイトです。転職サイトには基本的にはいいことしか書いてないので信用できないですが、実際に働いたことのある人の口コミが書いてあるサイトにはリアルを感じることができたため重宝しました。

エージェントも役に立ちましたが、面談を一回いれないと利用できない点は不満でした。案件ベースでこちらが考えたい時期なのに、エージェントからゴリゴリ営業されても困ります。できれば最初は案件を見ながらめぼしい企業に検討をつけながら、その後に面談という形にして欲しかったです。

前職は、少々怪しい会社でした。

前職は、少々怪しい会社でした。入社半年経っているにも関わらず、何をやっている会社かもいまいちわからなかったです。また、一回のミスで会社内でも蚊帳の外にされ非常に居心地が悪くなりました。原因は、転職サイトを使用せず、会社のホームページから慎重にならずに応募したことだと思います。今現在の仕事は、転職サイトでしっかりと情報収集をし入社した会社なので安定しています。仕事を探す際には、仕事内容、勤務時間、休日、諸手当、福利厚生をひとつも欠かすことなく慎重にみる必要があります。ひとつでも見逃しがあれば、入社後に必ず後悔します。転職サイトには必ず自分の条件にマッチした求人はあります。マイナビ転職の場合、検索条件も細かく絞ることが出来て非常に良かったです。また、業種の適性検査もタイプ別で複数受けられるため、自分にマッチした仕事を見つけ出すこともできる上、サイトからもマッチした仕事を紹介してくれるので非常に有り難かったです。

長くいれば社員になれる可能性があると、もう何回も騙されています。

現在転職活動中の者です。新卒の時に社員になることができず、今まで派遣社員として就業してきました。
長くいれば社員になれる可能性があると、もう何回も騙されています。
最初にいた会社は6年以上いたのに、社員になれず、派遣を社員にしないために二年に一度社名を変えていました。
社員になれそうな所は残業が月80時間とかで続きませんでした。
今度こそ最後の転職活動にしたいと思い、現在慎重に転職先を検討しています。
リクルートエージェントに登録して何社が紹介していただきましたが、あまり良い会社はありませんでした。
辺鄙な場所にある、給料が低い、契約期間に限りがあるなどの会社ばかり勧められました。
応募書類を訂正していただき、親身になってアドバイスしていただいた点はよかったと思います。
現在は別のエージェントに登録し、主にリクナビやDODAなどで転職先を探しています。
書類の通る確率はだいたい二割~三割くらいという感じです。
自分が良いと思ったところからは断られ、微妙と思ったところからお呼びがかかります。
母に話をしたら、お見合いでも同じだと言っていました。

それまでは販売員でしたが、事務職を経験したくて

それまでは販売員でしたが、事務職を経験したくて、遠方への転勤話をきっかけに転職しました。
思った以上に事務の仕事が楽しく、それ以来ずっと事務職をしています。
意外にも販売員だった経験が事務でも活きます。人と話をすることや、電話があまり苦になりません。
数か所の会社で事務をしましたが、業種が違うと新しい経験が出来、思った以上に以前の経験が生かされます。単に知識が増えるということだけでも、転職は自分のプラスになっています。
基本的なパソコンの操作については、いちどスクールで勉強をしたかったので、転職の機会にすこし時間を作って通いました。その時取った資格で、うまく派遣の仕事が見つかることもありました。転職するなら、直接使わないにしても有名な資格はとっておいたほうが得です。
最初に仕事を辞める時はとても悩みましたが、結局誰にも相談せずに自分で決めました。
そのまま残る手もありましたが、どうしても続ける自信がなくなっていました。最終的には自分の責任で決めるしかないので、きちんと意志が固まってから上司や周りに報告したら、ちゃんと分かってもらえて円満退職となりました。退職するにしても筋を通すことはとても大切だと感じました。

いわゆるブラック企業で継続勤務には難しい会社でした。

私は新卒採用でアパレルの小売会社に就職し、店長として働いておりましたが、いわゆるブラック企業で継続勤務には難しい会社でした。スキルアップや勤務形態などより環境のよい会社を求めて転職活動を始めました。どのように転職先を探そうかと調べていると、面談を行い転職までしっかりサポートしてくれるリクルートエージェントというサイトを発見し、そちらに登録しました。
面接のアドバイスやオファーを頂いた結果、以前働いていた会社よりも待遇の良い会社に転職することができました。

会社を辞める際に辞表を出すタイミングでトラブルになったのですが、解決するために親身になって相談に乗ってくださり大変助かりました。

若手への教育に手をかけている時間がない印象を受けました。

どの部署、支店も人員が足りず、若手への教育に手をかけている時間がない印象を受けました。そのため、目の前の仕事をこなすのに精一杯でこれからの前向きな仕事を考える余裕が、特に管理職にないような感じでした。ですが、若手へはかなり厳しいこと、結果を求めることを言う人もいたりして、矛盾してるのでは、と思うこともありました。社員は20代から50代まで幅広い年代の人がいるので、特に40代、50代の方々は昔の仕事のやり方が染み付いているのか、私たちが教えられることと実際彼等がやっていることにギャップを感じることもしばしばありました。悪い言い方をすればぬるいやり方を続けてきておられるので、そのツケが私たち若手に回ってきているんじゃないかと感じることもありました。
次は、自分のやりたいことを自分の好きな人と一緒にやれるような仕事につこうと思います。仕事をする上で、身体的・精神的な健康は何より大事だと実感したので、自分を酷使することなく働いていきたいと思います。

ベンチャーながら上位校の学生に人気のあるコンサルティングファームで採用担当をしている。

■転職を考え始めた経緯1
現在務めている会社は新卒入社でまる3年。
ベンチャーながら上位校の学生に人気のあるコンサルティングファームで採用担当をしている。
人間関係はよいし、仕事にも集中して取り組める環境だが、身体を壊してしまったことが原因で欠勤が多くなり、もう少し自由に働ける環境がないか検討をはじめた。
■転職を考え始めた経緯2
また、学生時代から趣味として行っていたフラワーアレンジメントを本格的に習い始め、将来仕事としたいという夢が出来た。
まずはスキルを身につけつつも、はやく現場で学習したいという想いがどんどん大きくなり、花業界にも興味が出てきた。
■現実
とりあえず大手の転職サイトに登録してみたものの、ハードな求人のスカウトばかりが目立ち、目的に沿わない。
一方花業界の方は窓口は複数ある様子。
今後、いくつか履歴書を出して、可能性があるかどうかを慎重に見極めたい。
また、結婚を考えている方がいるため、結婚後も働く事の出来る環境であるかどうかも重要な基準となりそう。

転職してよかったことは、自分のスキルが前の職場よりもっと活かせている点です。

転職してよかったことは、自分のスキルが前の職場よりもっと活かせている点です。転職する際、いろいろなサイトを見て研究しました。どのサイトも丁寧で情報満載で、役に立ちました。実際転職を行ってみて思うことは、やはり中途採用なので、仲間ができにくいところがとても悲しいです。元々いる社員さんたちに混じって一から仕事を教えてもらったりしていますが、やはり、ひいき等があり、特に女子社員の中には派閥も存在していて、それに気づくまでに時間がかかってしまい、失敗してしまいました。年齢が高いせいもあると思いますが、とにかく、自分は明るい性格で人見知りもありませんが、それでも仲間を作る事が大変難しいです。仕事の内容は問題ありません。それに関しては上司からも褒めてもらったりしているのですが、同僚の女子社員とうまくいかないのが悩みです。努力しても、地域的な問題もあり、ここの出身でない私は本当に転職してよかったのかなあと思う毎日であることが正直なところです。

私は転職前は小売業で販売員をしていました

私が転職を決意したのは、その時の会社の状況が非常に悪く、将来性を感じられなくなったからです。
私は転職前は小売業で販売員をしていましたが、売上が年々下がり、本部からの余計な仕事ばかり増え、実際に品物を売るという本質的な仕事ができない状況に将来を感じられなくなりました。そしてできることなら違う業界で、新たな仕事がしたいと思い、転職を決意しました。
初めは何をして良いのか分からず、地元の職業安定所に行きましたが、なかなか条件に合う仕事が見つからず、見つかって応募しても全然面接にすらたどり着けない日々が続きました。リクナビやマイナビなどの有名な転職サイトに登録し、慎重に吟味して応募していましたが、なかなか面接まで進まず。私に転職は無理なのかなと諦めていました。
そんなときリクルートエージェントの存在を知り、応募してみました。
すると早速面談の予約の電話が掛かってき、面談を受けることになりました。
面談で転職の心得、どんどん応募してどんどん行動していくことを教わり、エージェントはどんどん自分向けの案件を送ってきました。
正直興味があまりない案件も多かったですが、どんどん受けていくことにしました。そしてそれとは別に自分でも転職サイトにて応募件数を増やしてみました。すると面接まで進むことが増え、転職に希望が見えてきた気がしました。面接から先に進むことがまた難しいことがわかり、面接の経験を積もうとどんどん受けて、最後リクルートエージェントからの案件で、面接を受け、内定をもらうことができました。
転職はなによりもどんどん行動することが大切なんだとわかりました。